お酒 筋肉 体内エネルギー@目黒

【アルコールは筋肉を減らすのか】

まず、アルコールが直接、筋肉を分解するというよりは分解するきっかけを作ってしまうという認識の方が近いです。

アルコールを摂取すると筋肉の合成を促進させ分解を抑えてくれるテストステロンの分泌量を低下させてしまい筋肉が成長し辛くなります。

さらに、アルコールで体にストレスを与える事で筋肉を分解しエネルギーに変えようとするコルチゾールの分泌量が増えてしまいます。

そして、肝臓がアルコールを分解しようと筋肉をエネルギーに変えるように指示を出し筋肉量を減らしてしまいます。

これから年末年始で、お酒飲む機会が増えると思いますが飲み過ぎには注意しましょう。

株式会社サンプルの最新情報をお届けします