ボディメイク

美肌について@目黒

・ニキビ対策や美肌のために食べたい食べ物 ニキビ対策や美肌作りをサポートしてくれる食材をご紹介します。….下の下、、研究、おり 苦味のある山菜・野草・春野菜 春の山菜・春野菜がもつ独特の苦味は、主成分がポリフェノールや植物性アルカロイドと呼ばれる成分で、下記のようなはたらきがあります。 ・ポリフェノール:体の錆びつきを防ぎ、老化を予防する抗酸化作用を持つ。 ・アルカロイド:体のデトックス、新陳代謝の促進などの働きをし、痩せやすい体づくりに役立つ。 ≪おすすめの食べ物≫ ふきのとう・うど・たらの芽・せり・こごみ・うるい・わらび・ぜんまい・春キャベツ・菜の花・セロリ・たけのこ・スナップエンドウ・さやえんどう・そら豆・アスパラガス・新たまねぎ、など。   ・   ■美肌のスーパーフード「鮭」 スーパーなどでも比較的簡単に手にはいる鮭ですが、実は、知らなきゃ損なアンチエイジング食材なのです! 鮭に多く含まれるアスタキサンチンは、老化を早める活性酸素のダメージから体を守り、その抗酸化作用はトップレベル。         高野豆腐 「畑の肉」といわれる大豆。その大豆から作られる豆腐を凍らせ、熟成させ、乾燥させた保存食で栄養満点な高野豆腐。製造過程で栄養成分がギュッと濃縮されるため、普通の豆腐よりもさらに栄養価がアップしています。 さらに、高野豆腐には老化を予防するビタミンEをはじめ、カルシウム・マグネシウム・鉄・亜鉛・食物繊維など、ダイエットや健康をサポートする栄養素がたっぷり。満腹感もあるため、毎日の食事に取り入れるとほかの食材を減らしながらカロリーを抑えることができるので、ダイエットにもおすすめです◎   トマト 栄養学的にも血液をサラサラにする成分を持つトマト。   蜂蜜 マヌカハニーが喉の殺菌に良いのは有名。蜜蜜を与する。喉の不調のほか、この季節の肌の乾燥や便秘が気になる人に。   ドクダミ茶 体の中の余分な熱を冷ますドクダミ。肺の機能を高め、蓄膿症、黄色い痰や鼻水が出るとき、熱を帯びた吹き出物や腫れ物などを改善します。     以上、比較的摂取しやすい手に入りやすいものを選び、解説させていただきました 毎日の食生活を見直すことは、美肌への大きな第一歩です。 

水分について@目黒

よく聞いたことがあるかもしれませんが、人間の体の約60%は水分です。 この水分は体内で大きく分けると3つの働きをしています。 1つ目は溶解作用。体内の物質を水に溶かして生きていくために必要な化学反応を体の中で行っています。2つ目は運搬作用。栄養物質を体の隅々まで運んだり、老廃物を体の外へ排泄しています。3つ目は体温調節。気温や室温が下がっても体温が下がらないよう調節されていたり、体温が高くなると汗をかいて熱を外に逃がし調整しています。 さて、この水分が失われると体にどのような影響があるのでしょう? 水分が失われるとのどの渇きや、発汗などで体からのサインが現れますが、体重のわずか3%の水分量(60kgの人で言えば1.8㎏、約2リットル) 失われると汗がいったん止まります。これは、水分が少なくなり体を正常に維持できなくなったサインです。これを超えると、頭痛やめまい、けいれんなどを引き起こします。 このようにのどの渇きを感じてからの水分補給では遅いとよく言われております。そのため、定期的に水分補給を行うことが大切です。 では、どのぐらいの頻度でどのぐらいの量の水分補給を行うべきなのでしょうか?     それは、まず運動開始の20~40分前に250~500ml(ペットボトル一杯分)程の水分をとりましょう。 そして、運動中は15分おきにコップ一杯分、つまり1時間に4回、合計500~1000ml(約1リットル)の水分補給が良いと言われております。もちろん、これはあくまでの目安であり、気象状況や気温、運動の強度等の状況によって摂取する水分量を変更することは必要です。摂取する水分の温度は低い方が体温の上昇を抑えることができ、また、環境温度より低い方が飲みやすいので、15度前後の水分温度がおすすめです。 水分の補給は水ではなく、スポーツドリンクの方が適しています。なぜならば、汗にはナトリウムや塩素、カリウムなどが含まれているため、それらを補給することができる飲料を選ぶべきなのです。 水分補給が適切だったかどうかのチェックはなんと運動後の尿でできます。運動後約一時間程で尿意を感じ、色の薄い尿が出れば水分補給は成功。ただし、運動後2時間以上たっても尿意がなかったり、尿の色が濃く量が少ないと水分補給が少なかったといえます。   これからの季節、やっぱり汗などが増えますよね? 脱水症状などにお気をつけて、ご自身でチェックをしてみましょう!   お読みいただきありがとうございました!

テストステロンについて@目黒

テストステロンの作用としては   筋肉の増強 自分自身に自信がつき、アクティブになる 集中力の上昇 アンチエイジング効果 痩せやすくなる   このような作用があります   では、増やす方法について   まず第一に筋力トレーニングになります   筋力トレーニングといっても少し激しめの筋力トレーニング トレーニングの最中にもうあがらない!と限界を感じる程度の激しさですね ランニングやウォーキングなどの有酸素運動よりも、特に無酸素運動がおすすめです   そして質の良い睡眠   こちらも非常に大切なことですね   現代の日本人の生活スタイルでは少し難しいかもしれませんが、テストステロンを増やす適切な睡眠時間は8時間!といわれています   最低でも7時間!の睡眠時間が大切です   睡眠時間が毎日5〜6時間になると、8時間睡眠と7時間睡眠の方たちに比べてテストステロンの基準値を30パーセントも減らすという研究結果が出ているので、睡眠はとても大切なことと言えますね   睡眠時間が減ってしまうとコルチゾールというホルモンが出てしまい、結果テストステロンが減ってしまいます!   コルチゾールについてですが、有名な名前でいうとストレスホルモンと言われていることが多いですね コルチゾールの分泌量を減らすにはビタミンCを多く摂取することで抑制することができるので、積極的に摂取していきましょう!   では、第二のテストステロンを増やす方法についてです   太陽の光を浴びる! です!   俗に言う日光浴ですね   太陽の光を浴びると身体にビタミンDが多く分泌されます ビタミンDはテストステロンを増やす上で必要な栄養素となります たしかにサーファーの方や、太陽光で日焼けをされている方たちはとてもアクティブで元気ですよね!笑   室内業務などでどうしても太陽光を浴びる時間がないという方は ガラス越しに日光を浴びるだけでも大丈夫です!   朝の通勤電車や、オフィスなどの窓際、電車の待ち時間に太陽光が当たる場所に移動してみる   などなどすこしづつ工夫して浴びていきましょう! 浴びる時間は少しでも増やしていってみましょう!   では第三の方法についてです   卵を食べましょう!   卵はテストステロンを大きく増やすスーパーフードです!   そしてテストステロンを爆発的に増やす作用を持つ正体は、ズバリ黄身に含まれるコレステロール!になります つまり、ダイエットや身体作りに一般的に脂が多いと敬遠されがちな黄身ですがこれをしっかり食べることがテストステロンを増やす秘訣だったのです   また、卵を摂取しすぎるとコレステロールの過剰摂取という意見も皆さんご存知の通りあると思われますが、近年の栄養学的を基にするとその心配はほぼ無いと言って良いとなっております   ちなみに卵の効率的な摂取方法についてですが 硬めのゆで卵は1番吸収が悪いとされています   次いで生卵ですね   そして1番身体に吸収が良いとされているのは半熟の卵なのです   結局摂取するのであれば効率良く摂取していきたいですよね!   ではここまでテストステロンを増やす方法について解説してきましたが、次はテストステロンを下げる食に次いで解説していきたいと思います   1.ジャンクフード まずはジャンクフードですね こちらは身体の循環器系の機能を低下させてしまうので、なるべく避けるようにはしたいです   2.ソーダ飲料 こちらは糖の過剰摂取になってしまい、テストステロンの生成に悪影響を及ぼします なるべく糖質は取りすぎないように気をつけたいですね   3.チーズ これは意外かもしれませんが悪影響を及ぼす場合があります 理由としては牛の飼育過程で成長ホルモンが牛に投与されている可能性がらあるからです タンパク質だから大丈夫!といったところにも意外と落とし穴がありますね 当然海外産のお肉も多少は可能性があるので、気をつけてみましょう   4.アルコール これは当然ですね ちなみにビールの原料のポップにはエストロゲン(女性ホルモンの分泌をする)の作用があるのでテストステロンの生成にはあまり良くないのでなるべく避けていきましょう   5.大豆 こちらの理由は4のアルコールと同じになります 女性ホルモンが出てしまうエストロゲンの作用があるからですね 食べるぶんには問題ないですが、なるべく食べすぎないように気をつけましょう! 何ごともほどほどに…     以上がテストステロンを増やす方法とテストステロンを下げてしまう方法の数ある中の代表的なものになります   参考になりましたでしょうか?   テストステロンは男性にとってプラスになる作用が非常に多いです ぜひお試しくださいませ   今回は男性のテストステロンについてですが、次は女性のホルモンについてのお話もいずれしたいと思っております   お読みいただきありがとうございました!