そば@大井町

昔から愛されているだけでなく、ダイエットフードとしても注目の食品「蕎麦(そば)」をご紹介します。
日本人とそばの長いお付き合い
蕎麦の歴史は古く、縄文時代の遺跡からも発見されており、実はお米よりはるか昔から日本人に重宝されてきた食材です。
お米が育たない荒れ地や寒冷地でも栽培ができるため、山地が多く水田が作れない場所でも栽培可能で、
たった90日程度で収穫が可能です。


16世紀まではそばがきやそばもちなど、そば粉を練って固形にしたものが「そば」でしたが、16世紀頃から麺状のそばが登場しています。
そばのダイエット効果とは
結論からいうと「ダイエットに最適」です。


そばの主成分は他の穀類とおなじく炭水化物。
ですので、糖質制限ダイエットの場合、注意が必要ですが、アミノ酸スコアが非常に高く、良質なミネラルやビタミンも豊富に含むので、食べるだけで体の脂肪を燃焼させ易くなり、総じてダイエット効果が非常に高い食べ物です。
ダイエットだけではない!美容にも!


そばの成分に含まれているとして知られる「ルチン」は、アンチエイジング効果があることで注目されているポリフェノールの一種です。
ルチンは毛細血管を強くし血の流れを改善することで、美肌効果だけでなく、脳内出血や動脈硬化、高血圧の予防に効果があるとされています。
また、ビタミンCの吸収を助けるため美容にも効果が期待できるん成分です!


そばは低GI食品でダイエットに注目!
そばが「低GI食品」ということは、
聞かれたことがある方も多いかと思います。
そもそもGI値とはGlycemic Index(グリセミック インデックス)のことで、食品が体内で糖に変わり血糖値が上昇するスピードを計ったものです。
GI値が高い食物は食後に血糖値が急激に上昇し、
インシュリンの分泌が活発になります。


このインシュリンが厄介者で、
脂肪を作りだし体内にため込もうとします。
つまり、肥満の原因になる食材はGI値が高いわけですね。
そばはお米やパン、うどん等と同じく炭水化物のひとつですが、それらに比べてカロリーが低いだけでなくGI値が低い食品です。
GI値が低いため血糖値が上昇しにくく脂肪を蓄積するのを予防できます。
ですので、主食をそばに置き換えるだけで
炭水化物を食べているのに、脂肪が蓄積しにくく、満足感の高い食事をすることができるんです。
食物繊維で便秘解消!
そばは食物繊維も多く含まれています。

水溶性食物繊維でいえば、そばのキャベツの1.8~2倍も食物繊維を含んでいるんです!
食物繊維が豊富な食事をとることで、
便秘を解消し腸内を綺麗にしてくれたり、食物繊維が胃腸内をゆっくり移動することで腹持ちがよく食べすぎ予防にもなり、またコレステロールを吸着して体外に排出したり、糖質の吸収をゆるやかにして食後血糖値の急激な上昇を抑えます。


ビタミンB群が豊富で体の脂肪が燃焼やすく!!
ビタミンB群には
脂質をエネルギーに変えることで脂肪や糖の分解を促進してくれる効果があります。
つまり食べるだけで脂肪を燃焼させやすくして、ダイエット効率をアップしてくれる効果があるということです。
そばにはビタミンが豊富に含まれていますが、中でもビタミンB1やビタミンB2、ナイアシンなどのビタミンB群が豊富です。
同じ炭水化物のお米や麦と比べるとお米の4倍、小麦の2倍にもなります!


肝機能サポート成分「コリン」
ビタミンB群も豊富ですが、ビタミンの一種である「コリン」も豊富に含まれています。
コリンは肝機能の強化やサポートに非常に効果的とされています。
つまり酒好きの方にとっても非常に嬉しい食材です。
また尿中の塩分を排出する作用や、自律神経系の疾患の改善に効果的なアセチルコリンを作る原料でもあり、自律神経失調症などの予防効果も期待できます。

株式会社サンプルの最新情報をお届けします

前の記事

猫背@大井町

次の記事

日光@大井町