プロテインでお腹をくださない対策@大井町

プロテインを飲んで下痢を起こしてしまう原因には、乳糖不耐症が考えられます。プロテインの種類を変えてみるというのも1つの対策です。

大豆が原料の「ソイプロテイン」
それぞれ目的によって使い分けられているのですが、最も大きな違いは、吸収スピードにあります。
ホエイプロテインは最も吸収スピードが速いため、筋トレ後の素早いタンパク質補給が必要とされるタイミングで活躍します。
一方、カゼインプロテインやソイプロテインは、吸収スピードが遅いため、腹持ちが良く、ダイエットなどで間食を避けたい方、睡眠中に長い時間をかけてタンパク質を吸収したい場合などに飲まれています。
大豆が原料ですので乳糖は少なくお腹をくだしにくいです。

ただ、やはり筋肥大を目指すのであれば、ホエイプロテインから得られるメリットは大きいかと思います。
どうしてもホエイプロテインでタンパク質を補給したい方は、「WPI製法」で作られたプロテインの摂取をおすすめします。

「WPI製法」は
* タンパク質含有率が90%以上(不純物が少ない)
* 吸収速度が速い(1~2時間程度)
* 乳糖がほぼ含まれていない
* 比較的高価
といった特徴があります。
今回、注目したいのはやはり「乳糖がほぼ含まれていない」という点。
乳糖不耐症が原因で下痢を起こしてしまうという方は、少々高値ではありますが、WPI製法で製造されたホエイプロテインがおすすめです!

 

#ワークアウト#パーソナルトレーニング#筋トレ女子#品川区#大田区#大井町#引き締め#フィットネス#産後ダイエット #産後骨盤矯正 #産後トレーニング #ダイエット#ボディメイク#シェイプアップ#ヒップアップ#筋トレ#たんぱく質 #短期ダイエット #短期集中ダイエット #大井町パーソナル #大井町パーソナルジム #大井町パーソナルトレーニング #料理 #ダイエット料理 #ヘルシーレシピ #ダイエットレシピ

株式会社サンプルの最新情報をお届けします

前の記事

キープ@大井町

次の記事

コーヒー@大井町