ニンニク@大井町

 
 
 
 
 「ニンニクは風邪やインフルエンザのほか、糖尿病や循環器疾患のリスクの軽減など、一般的な体調不良だけでなく、深刻な病気の治療にも改善が期待されるものとして使われていました。生のニンニクにはさまざまなイオウ化合物が含まれていて、その中のひとつである『アリシン』は、最も生理活性の強い化合物だと考えられています」とのこと。
 ニンニクが健康食品のスーパーフードであることは、科学的な研究結果も多く発表されています。それでは、科学的に裏づけられた、最も有効な健康効果の数々について見ていきましょう。
 
【1】ニンニクは栄養価が高い
 小さいにもかかわらず、ニンニクにはかなりの栄養が含まれていると言っていいでしょう。特にビタミンC、ビタミンB6、マンガンが豊富で、ほかにもビタミンA、B1、B2、B12、D、Eや、カルシウム、銅、鉄、リン、カリウム、セレンなどのミネラル類がたくさん含まれています。
 
【2】ニンニクはイオウ化合物の宝庫
 ニンニク独特の風味ですが、これはイオウ化合物によるもの。確かに「イオウ」と言われれば、それに近いと感じませんか?
 ほかのタマネギの仲間と同様に、土壌から吸収した硫酸塩を分子のカタチでため込みます。私たちがニンニクを調理して食べるとき、それらのイオウ分子からおよそ50の異なったイオウ化合物が生成され、体内にある特定の分子との相互作用で強力な生物学的効果を上げていることが研究によって確認されています。
 これらのイオウ化合物については、まだ研究が行われている最中です。が、ニンニクは、さまざまな健康効果へのサポートを行っていると考えられています
 
3】ニンニクは細菌との戦いを助ける
 「ニンニクには抗菌作用があるおかげで、数百年も前から感染症との戦いに利用されてきました」と、、
 「近年では、抗菌効果があることも証明されており、サルモネラ菌、大腸菌、シュードモナス菌、黄色ブドウ球菌、ヘリコバクターなどに効果があることが報告されています」とのこと。
 
4】ニンニクは免疫システムをサポートする
 ニンニクの抗菌効果は普通の風邪を含め、病気との戦いのサポート役として活用することができるとのこと。
 「ニンニクエキスには、A型およびB型のインフルエンザウィルス、ライノウィルス、HIV、単純ヘルペス、ウィルス性肺炎、ロタウィルスに対する効果が見られるとの研究報告がなされています」と、ウェイクマン医師は加えて説明してくれました。
 さらに、「偽薬(プラセボ)を使った比較テストでは、ニンニクが一般的な風邪を予防する可能性が示されています。ですが、それを立証するためには、さらなる研究がまだまだ必要ですが…。この調査では、プラセボを与えたグループよりニンニクを与えたグループのほうが一般的な風邪の発生率が低く、結果的に病気にかかっている日数が短かったことがわかりました。今後、もっと多くの立証が求められます」とのこと。
 
まだまだたくさん効果はありますが、本日はここまで!
次回に続きます!
 
 
 
 
 

株式会社サンプルの最新情報をお届けします

前の記事

就寝前の栄養摂取@目黒

次の記事

ニンニク2@大井町