疲労@大井町

本日は現代人の
永遠の悩みである
疲労感についてです。
 
 
 
 
疲労の種類
①末梢疲労
脳以外の部分が原因となる
疲労の事をいいます。
筋肉疲労や眼精疲労も含まれ
動き続けた後のだるさも
その一つです。
疲れているのは
筋肉のため睡眠をとるなどすれば
回復していきます。
 
②病的疲労
病気を原因とした
疲労の事をいいます。
休息を取っても
病気そのものが治らなければ
だるさや倦怠感は取れません。
 
③精神疲労
心の疲労が原因で
元気いっぱいに行動できない
状態の事をいいます。
不安・無気力などの
症状が現れることが
よくあります。
 
④生理的疲労
病気以外での
体の疲労の事をいいます。
 
原因はストレスや過労
食事の乱れや睡眠不足などが
あげられます。
 
 
疲労回復の方法
①睡眠
なんといっても
やはり睡眠ですね!
疲労回復に一番効果が
あるとされています。
日中使われている
脳細胞が休まり
体の新陳代謝や疲労回復が
行われます。
 
②お風呂
お風呂に入ることで
身体をやすめるリズムを
作ることができます。
ぬるめの温度(38度~40度)
で入るお風呂は
副交感神経が優位になるので
睡眠前にはリラックス効果抜群です!
 
③食事
少しの量でも食事を摂る事で
栄養補給だけでなく
生活リズムを作ることができます。
疲れている時は
内臓も疲れていることが
多いため体調に合わせて
消化に良いものを
食べていきましょう!
 
④運動
私が何より
体の疲労感に効くと感じたのは運動です!!
 
疲労状態の身体は
筋肉が固まってガチガチになり
血流が悪くなって
老廃物を排出したりすることが
出来なくなります。
体を動かすことによって
全身の血行が良くなり
老廃物を排出しやすくなるのです。
後は運動をすることによって
リフレッシュ効果もあるため
気分も明るくなるなどの
効果もあります。
 
⑤ストレッチ
緊張して縮んでしまった筋肉を
ゆっくりと伸ばすことでを
血流促進し体に栄養を
運ぶ効果とリラックス効果を
もたらします。
 
 
まとめ
こんな感じで
色々な方法で
体の疲労回復をさせる
方法があります
 
病気などで体に不調がある方は
無理せず医療機関の方で
治療を受けられてください。
 
 
 
 
 

株式会社サンプルの最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

前の記事

筋肉量@目黒新着!!