白湯@大井町

【白湯の効果と正しい飲み方】

 
白湯には嬉しい効果がたくさんあるというのを聞いたことがあると思います。
今回は、白湯にある嬉しい効果と飲み方をご紹介させて頂きます!
 
そもそも「白湯」とは何かと言いますと、水を沸騰させたお湯を飲みやすい温度に冷ましたものです。
ただ普通のお湯とは違います。
 
 
【白湯の効果】
 
【1】基礎代謝を高める
【2】浮腫み改善
【3 】冷え性改善
【4】便秘解消
 
嬉しい効果がたくさんありますね♪
 
 
【白湯の作り方】
 
(1) やかんにお水を入れて蓋をして温めます。
(2)沸騰したら蓋を取りそのまま沸かし続けます。
(3)10分~15分沸かして完成。
 
このように簡単に作ることができます!
 
何故10分~15分沸かさなければならないのかと言いますと水道水に含まれるトリハロメタンを取り除くためです。
このトリハロメタンは発がん物質でもあり気温の上昇と共に量が増加し沸騰直後が最も発生量が多くなります。
しかし10分以上沸騰させることで取り除くことができるのです!
 
また一度冷めてしまったものを再度沸騰させると有害物質を生じさせる可能性が高くなるため沸かし直しはおすすめできません。
 
 
【一日どのくらい飲むべきか】
 
1日に500~800mlの摂取が良いとされています!
飲み過ぎは浮腫の原因にもなるそうです…
 
今回は「白湯」についてご紹介させていただきました!
ご参考にしていただけると嬉しいです。
 
 

株式会社サンプルの最新情報をお届けします

前の記事

脂肪量の差@目黒