思い込みの力@大井町

今回は、思い込みの力【プラシーボ効果】についてご説明させていただきます。
 
皆さんは「プラシーボ効果とノーシーボ効果」をご存知ですか?
「思い込みで怪我や病気が治る」とかいう迷信っぽいお話し聞いたことありますよね?
単なる、「おまじない」だと思っているかもしれませんがあながち効果があるのかも知れません。

プラシーボ効果とは、
「効果が無い”偽薬”を投与しても、症状が回復する現象」のことです。
「偽薬効果」「プラセボ効果」とも言われています。
 
これは、「薬を飲んだから治る!」という”思い込み”によって、実際に脳から「オピオイド」という鎮痛物質が出されることによって効果が現れるのです。
 
子供の頃に親が言ってくれた、
「痛いの痛いの、飛んで行け〜!」
も、プラシーボ効果の1種です。
 
本来は医療用語でしたが、今では日常生活の場面でも使われています。


アメリカで行われ実験で面白い結果が出たそうです。
電気ショックの実験を行いました。
被験者を以下の2つのグループに分け、電気ショックの痛みを和らげる薬を投与する、という実験がありました。
【Aグループ】…1錠たった10セントの薬と説明
【Bグループ】…1錠2ドル以上もする新薬と説明
※しかし!!両グループとも実は偽薬 (笑)
実験結果は、「新薬」と説明されたBグループの方が痛みの軽減効果が大きかったのです。
 
「高いモノの方が効果がある」という感覚、皆さんもありますよね?
 
上記の2つの事例の様に、人は「心の持ち様」「思い込み」「意識」によって強い効果が現れるのです。
 
しかし、おもしろいのは、「偽薬」だと伝えていても効果があるということです。

筋トレやダイエットや美容は、プラシーボ効果で効果が期待できます。
まずは、目標人物や理想の選手の設定をします。
「〇〇みたいになりたい!」
という気持ちを持つことがはじめの一歩です。
 
そして、筋トレを行い、「筋肉ついてきた」「重量も上がってる」、「痩せてきた」と思い込み、鏡の自分に言ってあげましょう笑

プラシーボ効果は上手に使ってボディーメイクしていきましょう!

株式会社サンプルの最新情報をお届けします

前の記事

ホルモン@大井町

次の記事

腸内細菌@目黒