貧血@大井町

貧血対策というと皆さんは何を思い浮かべますか?

私はやはり鉄分の摂取だと思います。しかし、鉄分が足らない時の食べ物というと皆さんはレバーを使った食品やお料理を思い浮かぶのではないでしょうか。植物性の鉄分よりは動物性の鉄分のほうが吸収率はよいのです。
 
貧血は色々な原因で起こりますが、最も多く見られるのが、赤血球中のヘモグロビン合成に必要な鉄が不足して起きる、鉄欠乏性貧血です。
 鉄は体内での吸収が悪く、肉や魚など動物性食品に含まれるヘム鉄は15~25%、野菜、豆類、穀類など植物性食品に含まれる非ヘム鉄は2~5%と非常に吸収率が低いです。
 鉄を多く含む食品や調理方法を工夫して積極的に補うことが大切です。
 とくに若い女性の多くは、ダイエットによる偏った食事でエネルギー不足や栄養バランスの乱れ、タンパク質不足などから引き起こします。その他、胃摘出などにより鉄の吸収阻害、高齢者では食事摂取不足による栄養失調からも招きます。
 
食べものをピックアップしてみると
 
野菜、果物、芋類
 野菜、果物、芋類はビタミンCを多く含むため、鉄の吸収率をアップします。
かき、しじみ、あさり、鮭
 かき、しじみ、あさり、鮭は赤血球をつくり出すビタミンB12を含みます。
緑黄色野菜
 緑黄色野菜には正常な赤血球をつくるのに必要な葉酸を含みます。
魚介類やレバー、大豆
 魚介類やレバー、大豆には赤血球中のヘモグロビンが作られるときに必要な酵素の成分である銅を含みます。鉄を摂取しても銅が不足していると、ヘモグロビンは正常につくられなくなります。
 
こちらになりますね
では対策のお話へ
 
* 3食バランス良く、規則正しく食べましょう。
* 鉄を多く含む食品を毎日摂取しましょう。
* 良質なタンパク質(肉、魚、卵、乳製品、大豆製品)を補いましょう。
* 鉄の吸収率を高めるビタミンCを摂りましょう。
* 鉄の吸収を阻害する食品を控えましょう。
* 加工食品に偏らず、手作りもする。
* 鉄の吸収を良くするには、胃酸の分泌が必要です。良く噛んでゆっくり食べる、楽しく食べることで胃酸の分泌を促します。
 
 
 
貧血に悩まれている方は
これらの対策を試してみると良いかもしれません。
 
 

株式会社サンプルの最新情報をお届けします

前の記事

ビタミンD@大井町

次の記事

発酵食品@大井町