夕食@大井町

ダイエットの基本は摂取カロリーより消費カロリーを増やすこと。運動嫌いの方は消費カロリーを増やすことはむずかしいので、やはり食事で摂取カロリーをコントロールすることになります。ダイエット中の食事はどんなものをどれだけとればいいのか。ダイエット中は重要となる夕食についてお伝えします。

ダイエット中に夕食を抜いてしまうと、かえって逆効果なのを知っていますか?1日のうちもっともカロリーを摂取してしまいがちな夕食ですが、夕食を抜いた生活を続けていると、大幅な摂取カロリーを減らせるので結果が出やすいですが、その反面リバウンドしやすくかえって太ってしまう可能性があります。

トレーニング後なら尚更しっかりカロリーを摂取しましょう。通常よりもエネルギーを筋肉合成に回しやすい状態になっているのでいつもより少し多くても問題ありません。

夕食を抜くことはシンプルですが、1日2日は我慢できても長期続けていくのはなかなか大変です。また、長く続ければ続けるほど、体は危機感を感じ、脂肪をため込もうとするので逆効果となってしまいます。

ダイエット中、積極的にとりたいのが野菜です。生野菜は酵素やビタミンを多く含んでいます。ビタミンが不足すると体調を崩してしまいがちなので、積極的に摂取する必要があります。また、体を冷やしたくないときは加熱し、温野菜にするといいでしょう。かさも減るのでたくさん食べられ、食物繊維も摂取しやすくなります。

また、きのこや海草類はカロリーが低くダイエット向けの食材です。食物繊維も豊富に含まれかさ増しにもなるので、少量でも満足感が高まります。

ただし、油を多く使用する揚げ物や炒め物はなるべく避けましょう。おすすめの調理法としては、ゆでたり蒸したり、煮込み料理などで、サラダなどは生食もOKです。

夕食に食べるものも重要なのですが、食べる時間もダイエット成功のカギです。夜は副交感神経が高くなり、代謝は低くなります。

18時以降からは代謝が落ちてくるため、カロリーを消費する力が落ちてきます。そのため同じ食事をしても、時間が遅いだけで身についてしまうのです。夜遅い時間に食事をとると、食事からとったエネルギーが消費されにくく、余分なエネルギーは体脂肪として蓄積されやすくなります。寝る3時間前には食事を済ませるようにしましょう。

「夕食で炭水化物を抜く」と言う方が多くいらっしゃるかと思うのですが、体重の変化は早いですが、必要な栄養が得られないので、便秘、睡眠不足、ストレス、ホルモンバランスの乱れなどの不調が起こりやすくなってしまいます。炭水化物は体を動かすもとになる栄養素です。たくさんとり過ぎてしまうと脂肪として蓄積されてしまうので摂り過ぎは禁物なのですが、適量を摂取する必要があります。

白米や小麦粉は血糖値が上がりやすいので、玄米や全粒粉などを選ぶようにしましょう。糖の吸収を抑えて、血糖値の上昇を抑えてくれる働きがあります。消化されるスピードが遅いので腹持ちも良いです。

ダイエットをするうえでもっとも大事な食事、夕食。食べ過ぎても、まったく抜いてしまうのもダイエット失敗の原因になります。

バランスの良い食事を心がけ、食べる時間や食材を上手にえらべば少しずつ体重は落ちていきます。極端なダイエットはリバウンドのもと。食べないダイエットは卒業し、痩せやすい体を作っていきましょう!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

株式会社サンプルの最新情報をお届けします

前の記事

朝食@蒲田

次の記事

カロリー収支@目黒