美容・健康維持にはやっぱり筋トレ@蒲田

筋肉は体を動かす運動器なので、立つ・歩く・座る・呼吸・発声・食事といった行動は全て筋肉が無いと行うことができません。

つまり筋肉が衰えると以上の動作全てに支障が出ることになります。

それ以外にも筋肉は熱を生み出す役割もあり、体内の糖質と脂質を分解しながら熱を発生させます(基礎代謝)なのでその筋肉が衰えると基礎代謝が下がることになるので、体型や姿勢も崩れます。

筋肉は量が多いほど基礎代謝量も増し、体の中の余分な糖質や脂肪がどんどん燃焼されます。

その結果、血糖値の上昇が抑えられ、肥満防止やメタボリックシンドロームなどの生活習慣病の予防にもなるので筋肉は絶対に付けておきたいです。

筋トレをしなければ、筋肉の量は加齢に伴って減少します。特に30歳を過ぎた頃からゆっくりと減り始め、80歳の時点ではピーク時の7割以下にまで減ります。筋肉量が減るほど、先程上げた動作が出来なくなったり、怪我をする確率が上がり、要介護状態に陥るリスクも高くなってしまいます。

加齢による筋肉量の減少を食い止めるには、早めに筋トレを行って筋肉を鍛え、蓄えておくことが大切です。ただし筋トレを始めるのに遅すぎるということはありません。何歳になっても筋トレを行えば筋肉は増やせます。ただ筋トレを続けるには精神的にも肉体的にもエネルギーが必要になるので少しでも若いうちに始めたほうが続けやすく効果も出しやすいでしょう。

筋トレを始める場合、特に健康維持や減量目的の方は優先的に足腰の筋トレを行なってください。下肢の筋肉は、手や腕といった筋肉と比べて、筋肉量が低下するスピードが速く筋肉量が元から多いためです。特に重要なのは、太ももの前にある筋肉(大腿四頭筋)とお尻の筋肉(大殿筋)です。これらの筋肉は私たちが2本の足で立ったり歩いたりするために不可欠ですし、かなり大きな筋肉なので鍛えると基礎代謝もしっかり上がります。

そして筋トレを行う際は正しい頻度、フォーム、負荷で行わないと効果が出なかったり、怪我してしまう可能性もあるので、初心者の方や自分の目標・目的にあった方法が分からない方はパーソナルなどでしっかりトレーナーに見てもらいながら行ってみてください。

今日から筋肉を鍛えて美容や将来のためにコツコツ貯筋(ちょきん)をしていきましょう。

何事も計画的に行うことが大切ですね 

株式会社サンプルの最新情報をお届けします

前の記事

糖質制限@大井町