お風呂に入るメリット@大井町

夏は暑いのでシャワーで済ませてお風呂(湯船)は入らないという方も多くいると思います。

今回はお風呂に浸かるメリットを書かせてもらいます。

 

まず一つ目に

シャワーで済ませずにしっかり湯舟に浸かると、体が温まります。

さらに水圧で血管が圧迫されて、血流が良くなると言われています。

血行が促進されることで筋トレ後の疲労を回復する効果が期待できます。

しっかり筋肉を使った日は、ゆっくり湯舟に浸かって疲労回復効果を狙いましょう

 

水中は重力が軽くなり、体全体がリラックスした状態になります。

体を支えている筋肉や関節が重力から解放されます。

体がリラックスすると、心も同時にリラックスしていきます。

副交感神経が優位になり、ぐっすり眠れるようになります。

眠っている間に脳は成長ホルモンを分泌し、これが筋肉の成長にも良い影響を与えます。

 

筋トレ後の入浴には、温冷交代浴がおすすめです。

温冷交代浴とは、温かいお湯と冷たい水に交互に浸かるという方法です。

温かいお湯に浸かることで血管が拡張し、冷たい水に浸かることで血管が収縮し、これを繰り返すことでポンプのような動きになり、普通に温かいお湯に浸かるよりも血行促進に役立つと言われています。

これを繰り返すことで体がどんどん温まり、冷えの改善、防止もできます。

とくに女性の体は冷えやすく、むくみやすいので、体をしっかり温めることが大切です。

血行がよくなり老廃物が排出されやすい状態になると、疲労回復にも役立ちます。

筋トレをして体が疲れている日や、仕事が立て込んでストレスが溜まっている日も、温冷交代浴を取り入れて心身共に疲労を回復するようにしましょう

温冷交代浴によって交感神経と副交感神経が高度に活発になり、自律神経を整えるのに役立ちます。

自律神経が整うと、内蔵の機能の向上、精神面の安定にもつながります。

体の疲労を回復する力もアップしますので、ハードな筋トレや運動をしたあとにはぴったりです!!

株式会社サンプルの最新情報をお届けします