水分補給@大井町

今回は「水」についてかかせていただきます。

筋肉とお水が深く関わっていることはご存知でしょうか。

人間の体の約60~70%は水分でできており、筋肉にもたくさんの水分が含まれています。また、筋肉へ栄養分を運んだり、老廃物を排出する血液も、およそ90%が水分であり、筋肉に与えるお水の影響はとても大きいことがわかります。水分不足のままトレーニングを行うと、筋肉増強の効果も小さくなることがわかっています。

さらに、トレーニング後に分泌される乳酸の排出にも水分が大切で、身体に十分な水分があれば、血液が乳酸を効率よく運ぶことができ、疲労回復が早まったり、筋肉痛が緩和されたりすることが期待できます。

このように、筋肉とお水には密接な関係があり、しっかりと水分補給を行ったうえでトレーニングを行うことが大切と言えるでしょう。

筋トレ中の水分補給のタイミングですが、喉が渇くと感じる前に飲むことが非常に重要です。喉が渇くということは、すでに体内から約2%以上の水分が失われているというサインであり、脱水に近い状態になっていますので、喉が渇く前にあらかじめ水分補給をしておきましょう。

水分補給の量や頻度ですが、1回の量はコップ1杯程度(150~250ml)にし、運動強度や気温、汗の量にもよりますが、10~15分ごとに1回程度の割合で水分補給を行います。一度に大量のお水を飲むと効率よく体内に吸収されず、お腹の中に残ってしまうので、少しずつ区切って水分補給を行うのが効果的です。温度は低めの方が体内に素早く吸収されますので、冷たいお水やドリンクがおすすめです。

筋トレ中の水分補給飲料は、お水かスポーツドリンクがおすすめですが、スポーツドリンクは体に必要な栄養素が含まれているものの、糖分やカロリーも多いため、大量摂取すると太る原因にもなります。スポーツドリンクで水分補給をする場合は粉末タイプのものを規定量より薄めて使用するとよいでしょう。

お水はカロリーもなく筋トレの水分補給には最適と言えます。必要な栄養素は食事などで補うようにし、筋トレの水分補給はできるだけお水だけを飲むようにしましょう。

これから更に暑くなってきますので熱中症や脱水症状に気をつけて喉が渇いたなと感じる前にこまめに水分補給をしていきましょう!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

株式会社サンプルの最新情報をお届けします

次の記事

モチベーション@目黒