筋肉 プロテイン トレーニング@大井町、京急蒲田、目黒

【遅筋の効果的な鍛え方】

まず、筋肉には速筋と遅筋の2つがあり、遅筋は筋肉が収縮する速度が遅く、また力は強くないが持久力に優れています。

エネルギーを使用時には酸素を必要とすることから、遅筋を鍛えたい時はランニング、水泳、サイクリングなどの有酸素運動がオススメです。

また、遅筋は日常生活でも使われているので有酸素運動だけでなく筋トレなどの無酸素運動である程度負荷を与えて上げられるとより良いです。

基本的に、どの種目もゆっくり行い負荷は低〜中強度を20、30回程度行うのがオススメです。

ただし、トレーニングに1時間半〜2時間以上掛かりそうなら1時間前にプロテインなどでタンパク質を補給しておけばエネルギー不足による筋肉の分解を防げます。

株式会社サンプルの最新情報をお届けします