食事 栄養 怪我予防@京急蒲田

【関節痛の予防には、コンドロイチン、グルコサミン】

①コンドロイチン

一般的に25歳までは体内で作られるが、そこから徐々に産生力が低下し、関節の水分や弾力が無くなり痛みが出て来るので食事から摂る必要があります。

多く含まれている食材

動物性なら、鶏皮、フカヒレ、ウナギ、ヒラメ、など

植物性なら、納豆、さといも、なめこ、オクラなどがオススメです。

②グルコサミン

軟骨の主成分のひとつで肉や魚などから体内でグルコサミンを合成しています。

しかし、年齢を重ねるごとに分解する速度に合成が追いつかず、合成力も低下し軟骨が弱くなり関節痛を起こすので食事で予防する必要があります。

多く含まれている食材

ウナギ、干しエビ、やまいも、オクラ、きのこ類などがオススメです。

株式会社サンプルの最新情報をお届けします