痩せ@大井町

「理想のボディを手に入れる」と聞くと、「痩せるための方法」を思い浮かべる人が多いかもしれません。

ですが、「食べてもなかなか太らない、貧相な体型に見える」と「太れない悩み」を抱えている人も決して少なくありません。
特定の病気などを除き、痩せている人が太れない原因としては、下記が考えられます。
* 胃腸の機能の低下
* 摂取カロリーが少ないん
* 栄養が偏っている
* 基礎代謝が高い
* 姿勢が悪い
* 運動不足
食事と筋トレが鍵
結論から言えば、いずれの原因であっても食事に気を配り筋トレを行えば体重を増やすことは可能です。
「単純に食事を増やすだけでいいのでは?」「筋トレや運動は面倒くさいから嫌」と思う方もいるかもしれませんが、摂取カロリーを増やすだけでは、「理想のボディを手に入れる」という状態とは程遠くなってしまいます。
体型を変えるには、地道に体質を改善していく努力が必要です。
太りにくい人が体重を増やす方法
1. 食物繊維や乳酸菌で腸内環境を整える
 
太るために行う方法としてよくあるのが「とりあえず食べる量を増やそう」と食事量を増やし、結果、胃腸の調子が悪くなってしまい却って食べられなくなるパターン。
痩せている人は、胃腸の機能が低下しており、少食になっている可能性が高いです。この状態で無理に食べても、栄養素を十分に吸収できません。
まずは、食べる量を増やす前に、胃腸の調子を整えることから始めましょう。食物繊維や乳酸菌は腸内環境を整える効果があるため、積極的に食生活に取り入れたいところです。
食物繊維が摂れるおすすめ食材
 
* もち麦
* 海藻類(カットわかめ)
* 豆類(納豆やひよこ豆)
* キノコ類
* バナナ
乳酸菌が摂れるおすすめ食材
 
* ヨーグルト
* キムチ
2. 自分の消費カロリーを把握したうえで摂取カロリーを増やす
 
太りたい場合に重要なのは、食事の量を増やすことではなく、摂取カロリーを増やすことです。摂取カロリーが消費カロリーを上回っていないと、体重が増えるどころか痩せてしまいます。
自分の1日の総消費カロリーを把握し、目標の摂取カロリーを設定してみましょう。
 
 

株式会社サンプルの最新情報をお届けします