水の話@大井町

■水を飲むとすぐに汗が出るのはなぜ?

 

よく「水分を摂るとすぐに汗が出るから嫌だ。。
 
という方がいます。
 
水分を摂ると一気に汗が出るという事は、体内の水分量が不足していたという証拠です。
 
これは、過酷な状況でもカラダは体内に必要な最低限の水分は確保しようと努力している状態なのです。
 
そこへ水分を補給するとカラダはもう水分を溜め込む必要がないという状況になるため、余分な水分を一気に放出することで起こる現象だと言われています
 
また、水分補給によって血液中の塩分などが薄まり過ぎると、カラダは一定の血液濃度を保つために余分な水分を汗や尿で排出します。
 
 
水分を摂らずに我慢していると汗が出ない為、体内の熱がこもり温度調整が出来ないため熱中症を引き起こす原因にもなります。体内の水分は汗だけではなく、呼吸、排尿、排便でも失われていくので、1度にまとめて飲むよりこまめに水分補給する事が一番重要なのです。
 
この夏の季節しっかりと水分はとるようにしましょう
 
 
よく常温が良いといわれていますが、冷たいお水を飲み身体の中から冷やすことも効果的ですので気にせず冷たいものをお飲みください。
 
 

株式会社サンプルの最新情報をお届けします

前の記事

年齢@大井町

次の記事

自律神経@大井町