亜鉛のメリット・効果@蒲田

そもそも亜鉛とは主に筋肉・骨・皮膚・腎臓・脳・肝臓などにある成分で、タンパク質合成の際に酵素の材料として使われます。
ただ亜鉛は体内で作り出すことができないため、食事から摂取する必要があります。
そんな亜鉛の主な役目は新陳代謝やエネルギー代謝、免疫反応など、体内のさまざまな働きをサポートして正常に保つことです。
その他にも
①味覚を正常に保つ
舌にある味蕾(みらい)という受容器官で私たちは味を感じとります。亜鉛はこの味蕾の中の味細胞において、重要な働きを占めています。
②抗酸化作用
亜鉛は体内のビタミンAの代謝を促します。ビタミンAの抗酸化作用の活性化を促し、過酸化脂質の害を防ぐことで、アンチエイジング・生活習慣病予防にも効果が期待できます。筋トレの効果も亜鉛を取ると更に期待できます。
③免疫力の向上
亜鉛が十分にあると風邪や感染症にかかりにくくなります。
粘膜を保護するビタミンAを体の中にとどめる効果があり、のどの痛みや鼻水・鼻づまりなどの症状を緩和してくれます。病気を引き起こす細菌を攻撃する白血球にも亜鉛が含まれているので、傷や病気の早期回復にも亜鉛は必要とされています。
④成長・発育
タンパク質と合わせて亜鉛を摂取することで、全身の新陳代謝がより活性化されます。新陳代謝が活発な時期に亜鉛は必要量が増加するので、特に成長期の子供には過不足なく亜鉛を摂取することが必要です。
⑤肌や髪の健康維持に
皮膚や髪もタンパク質からできています。亜鉛を摂取することで、タンパク質の代謝を促し、皮膚や髪のトラブルを改善します。皮膚や髪も新陳代謝が速いペースで行われるため、亜鉛を積極的に摂ることで美肌・美髪効果につながります。
⑥生殖機能の改善
男性の前立腺・精子に亜鉛は多く存在します。精子の形成には必ず必要とされ、生殖機能の改善に役立ちます。
⑦うつ状態の緩和、うつ予防
感情のコントロールや、記憶力を保つには神経伝達物質が正常に作られ、働く必要があります。うつ状態は脳の機能が低下し、神経細胞の刺激伝達がスムーズにいかないためと考えられています
この神経伝達物質を作るのに必要なのが亜鉛です。
亜鉛が体内に十分にあることで、精神安定や脳の機能を高め、うつ状態の緩和に効果があると考えられています。
亜鉛一つだけでこれらの効果やメリットがあります。
亜鉛は魚介類、肉類、藻類、野菜類、豆類、種実類に含まれているので意識的に摂ってみてください。

株式会社サンプルの最新情報をお届けします