卵@大井町

卵についてのお話
 
卵は1日1個まで!という話を聞いた事はありませんか?
 
自分も子供の頃からずっと言われ続けてきました笑
 
その卵についてお話したいと思います
 
 
コレステロールは大丈夫??と思われる方も多いと思いますが全然大丈夫です。
 
コレステロールは細胞膜やホルモンを作る材料となる大事な栄養素です。
でも、コレステロールが血管に溜まると、動脈硬化や心筋梗塞のリスクがたかまるということが知られていますよね。
 
ただ、コレステロールをむくむ食品を食べて、血中のコレステロールが跳ね上がるという科学的根拠はありません
コレステロールの分子は大きいので、体内にほとんど吸収できず、不要な分は排出されてしまうからです。
 
遺伝的にコレステロールを代謝できない人などの例外を除けば、卵などはいくら摂っても大丈夫なのです。
 
むしろ、避けるべきは、コレステロールを含む食品ではなく、血管にダメージを与えて結果的にコレステロールを増やしてしまう食品。
 
糖質の多い食事やトランス脂肪酸などの悪い油。
例えばフライドポテトなどの揚げ物、マヨネーズ、加工食品などは活性酸素を増やして血管を傷つけ、肝臓にコレステロールを作らせる原因になってしまうのです。
 
つまりコレステロールを恐れて卵を控えるなんてナンセンス!!
素晴らしい栄養素を豊富に含んでいますから、積極的に摂ってください。

株式会社サンプルの最新情報をお届けします

前の記事

体脂肪の悪影響@目黒

次の記事

牛乳など@大井町