睡眠ストレス関係@大井町

皆さんは夜何時くらいまで起きていますか?
コロンビア大学の研究によると
睡眠が7~9時間の人と
4時間以下の方では後者の方が
73%も前者より太りやすいという
結果が出ているのです。
人間の身体には
食欲を刺激するグレリンと
食欲を抑制するレプチンというホルモンが働いています。
これらのホルモンを狂わせる
原因の一つが睡眠不足なのです。
また糖質や質の悪い油などの
摂りすぎでもストレスは増え
ストレスホルモンであるコルチゾールの
分泌量が増加しレプチンの分泌量は低下します。
 
ストレスによる過食や
体脂肪のつきやすさは
寝不足によっても引き起こされるのです。
特徴としては
22時以降にご飯を食べる
ベットに携帯を持ち込みネットサーフィン
朝が弱く低血圧
の方は睡眠不足が原因で
太りやすくなる可能性大です。
 
お風呂は湯舟に浸かり
入眠しやすくしたり
寝る直前のスマホをやめてみたり。
ほんのちょっとの意識で睡眠の質は変わります。
 
痩せやすい身体づくりのためにも
良質な睡眠を目指しましょう!!
 
 
 
 
 

株式会社サンプルの最新情報をお届けします

前の記事

疲労に効く栄養素@目黒

次の記事

睡眠2@大井町