脂肪の体積@大井町

「体重は減っているのに、見た目があまり変わらない」「筋肉をつけたら太って見えないか心配」など、ダイエットをするにあたって、このような悩みや疑問を抱く方もいます。実は、筋肉と脂肪は重さが同じでも大きさがかなり異なるため、ボディメイクをするにあたっては、体重よりも体脂肪率や筋肉量が重要となります。

そこで今回は、ダイエットをするにあたって知っておきたい、脂肪と筋肉の重さと大きさの関係について紹介します。

まずは、脂肪と筋肉の重さと大きさの関係についてです。

同じ100gの赤身だけのステーキ肉と、脂身だけのステーキ肉を並べると、脂身だけの肉のほうが一回りほど大きく見えます。これは、同じ重さの肉でも「密度」が異なるためです。筋肉は脂肪よりも密度が高く、重量あたりの体積は小さくなります。体積が小さければ、同じ重さでも小さく見えます。

人の体に置き換えてみても、それは同じ。同じ体重でも、筋肉が少なくて脂肪が多い人より、脂肪が少なくて筋肉が多い人のほうが引き締まって見えます。

ダイエットをするにあたって、体重計は欠かせないアイテムのひとつ。しかし、先程ご紹介した通り、引き締まった見た目にするためには、 体重の増減よりも体脂肪と筋肉のバランスを意識しなくてはなりません筋肉量の増加と体脂肪率の減少に注目してダイエットに取り組むのがポイントです。

引き締まった体型になるためには地道に脂肪を減らし、筋肉をつけていく必要があります。

ここで注意したいのが、手っ取り早く減量したいからといって、 過度な食事制限に走ってはいけないということです。

食事制限ダイエットは、確かに体重は減りやすくなりますが、リバウンドの原因となったり健康を害する恐れがあります 。ダイエットは、脂肪を減らしつつきちんと筋肉を増やせるよう、まずは有酸素運動を行うのがおすすめです。

単に体重だけを落とすダイエットをしても、筋肉量が足りずに体がたるんだ印象になったり、健康トラブルを招いたりする可能性もあります。脂肪を落としながら筋肉をつける方法で、健康的に引き締まった体づくりを目指しましょう!!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

株式会社サンプルの最新情報をお届けします

次の記事

アルコール@目黒