自律神経 腸内環境 栄養@大井町、京急蒲田、目黒

【自律神経と腸内環境】

季節の変わり目は自律神経が乱れやすく身体にストレスを感じやすくなり、それが原因で腸内環境も悪くなります。

腸には脳の次に多くの神経細胞が存在しており、『第二の脳』と呼ばれるほど重要で自律神経と深く関わっています。

つまり、腸の動きが良くなると自律神経のバランスも整いストレスにも強くなります。

腸内環境を整えるためには、善玉菌の割合を、腸内において高く保つことが大切です。

善玉菌を多く含む食品

納豆、キムチ、ヨーグルト、チーズ、ぬか漬けなどの発酵食品系がオススメです。

善玉菌のエサとなる食材

ごぼう、さつまいも、キノコ類などの食物繊維を含む物や、大豆、トマト、キャベツ、玉ねぎ、ニンニクなどのオリゴ糖を含む物がオススメです。

これらの食品をなるべく同時に摂ることで、腸内の善玉菌が増加し腸内環境が整え、自律神経も安定します。

株式会社サンプルの最新情報をお届けします