季節 脱水予防 健康@大井町、京急蒲田、目黒

【冬でもなる脱水症状、今から気をつけるべきこと】

寒い冬でも脱水症状にはなります。

乾燥した冬では、特に自覚がないまま皮膚や粘膜、あるいは呼吸から、水分が失われます。

また、汗を気になる程かかない冬は水分を失っている自覚が少なく夏場に比べ水分の摂取が減りがちとなり水分不足を引き起こす可能性があります。

体の水分は、夜寝ている間にも失われ続けています。

喉が渇いていないと感じてもこまめに水分補給を行うことが大切です。

また、食事の際には、ホウレンソウや小松菜といった水分と電解質が豊富な緑黄色野菜、リンゴなどの季節の果物を積極的に摂るのがオススメです。

水分補給がこまめに出来ない方は経口補水液を飲むのもオススメです。

体に異変を感じたら、すぐに経口補水液などの水分を摂取しましょう。