バランス感覚 年齢 トレーニング@大井町、京急蒲田、目黒

【バランス能力を鍛えて怪我予防】

年齢を重ねていくと運動神経が鈍くなっていき、その中でもバランス能力が低下する事で体勢を崩しやすく、怪我をしてしまう可能性があります。

なので、自身のバランス能力がどれ程なのか知っておく必要があります。

まず、家でも簡単にできるバランス能力トレーニングなら片脚立位がオススメです。

一般的に目を開けた状態で片足立ちが20秒以下、目を閉じた状態で5秒以下の方はバランス能力が低く怪我をする可能性があると言われています。

そして、そこをクリア出来たら秒数を増やしていき左右それぞれ60〜90秒を3セットくらいやるのがオススメです。

『猿も木から落ちる』という言葉があるくらいなので常日頃から怪我予防を行い、元気に運動を続けられる体を目指しましょう。

株式会社サンプルの最新情報をお届けします