ダイエット 食事 栄養@大井町、京急蒲田、目黒

【ダイエットに良い間食のタイミング】

昔から、三時のおやつといいますが、 

なぜ三時なのか?

それは1日の中で、食べた物がもっとも脂肪になりにく時間帯だからなんです。

脂肪細胞に脂肪を溜め込む働きをするタンパク質であるBMAL1(ビーマルワン)は、15:00頃に最も数が少なく、22:00時以降になると数が多くなります。

また食事の前後2〜3時間は空けておきましょう。

夏場は暑くてアイスをついつい食べてしまいます。

そんな時は低カロリー低糖質の氷菓子系がオススメです。

ただし食べ過ぎには注意しましょう。