ストレッチ 筋疲労 怪我予防@大井町、京急蒲田、目黒

【トレーニング前後はストレッチを行って怪我を予防】

最初、トレーニング前には関節まわりを動かす動的ストレッチをする事で関節、筋肉が程よく解れてトレーニングによる負荷がかかっても怪我をするリスクを減らせます。

寒い冬は特に体が硬くなりやすいので各部位を短くても30秒はよく動かすのがオススメです。

次に、トレーニング後は、筋肉は硬化しているので血流が悪くなり回復が遅れることがあります。

なので、筋肉をゆっくり長い時間かけて伸ばす静的ストレッチで筋肉を柔らかくし元の状態に戻す必要があります。

これを行う事で筋肉痛の緩和や、血流を促進させる事で筋繊維に必要な栄養が届き回復しやすくなります。

出来るだけゆっくり時間をかけられるといいので短くても10〜15分程がオススメです。