ウォーキング ダイエット 健康増進@大井町、京急蒲田、目黒

【ウォーキングは坂道を入れると脂肪燃焼効果アップ】

傾斜のある坂道でのウォーキングは平地を歩いた場合よりも脚、腰、お腹などの筋肉を使うのでより脂肪燃焼が出来ます。

また、坂道を歩くと平地をウォーキングした場合はあまり使われにくい、内ももの筋肉やスネの筋肉、そして体幹も使われるのでバランスの向上にもなります。

坂道でのウォーキングをした場合、平地でのウォーキングと比べると、10度〜15度で2、3倍のカロリーを消費することができるといわれています。

坂道ウォーキングは脂肪燃焼効果が実感しやすくなる20分~30分程度歩くようにするのがオススメです。

最後に注意点で、いきなり急な坂だと膝を痛める可能性があるので始めたばかりの方は、やや前傾姿勢になる程度の坂から始めれば膝への負担も少ないのでオススメです。